記事一覧

BOSLEY®からの提案 新脱毛症ソリューション "TriGen+™ with PRP" を発表!

いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

BLOG RANKING(ブログ・ランキング)・バナー

さて本日の投稿テーマは「BOSLEY®からの提案 新脱毛症ソリューション "TriGen+™ with PRP" を発表!」と題して、世界最大のかつらメーカー、アデランスの傘下であり医療植毛で有名な米国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置くBOSLEY®から植毛ではなく非浸襲性の脱毛症の治療法である"TriGen+™ with PRP" の開発導入を発表したという話題です。


BOSLEY®・・・それは世界で最も有名な医療植毛クリニックチェーンなのです。


2017年03月15日 医療植毛で有名な米国カリフォルニア州ロサンゼルス・ビバリーヒルズに本拠を置き全米の主要都市数十箇所で植毛クリニックと相談室を展開しているBOSLEY®(Bosley Medical Institute Inc.:ボズレー・メディカル・インスティチュート)から近未来型の毛髪再生医療である非浸襲性の脱毛症の治療法に関し、ある重要な発表があり全米の薄毛・若ハゲ諸兄を狂喜乱舞させたのです。

『参考資料』
BOSLEY®(Bosley Medical Institute Inc.:ボズレー・メディカル・インスティチュート)  公式webサイト
https://www.bosley.com/
BOSLEY 公式webサイト

それはBOSLEY®が独自に開発し2016年12月より導入を開始した近未来型の毛髪再生医療 "TriGen+™ with PRP" (トライジェン・プラス・ウィズ・ピー・アール・ピー)に関するニュースリリースだったのです。

『参考資料』
2017年03月15日 ニュースリリース(HTMLファイル)
『EXPERTS AGREE THAT COMBINING TREATMENTS IS THE BEST NONSURGICAL APPROACH TO HAIR LOSS』
https://www.bosley.com/blog/experts-agree-that-combining-treatments-is-the-best-nonsurgical-approach-to-hair-loss/
BOSLEY® ニュースリリース 2017年03月15日『医療育毛プログラム[TriGen +™ with PRP」を提供』

医療植毛と脱毛症ソリューション開発のリーダーであるBOSLEY®は、科学的根拠のある3種類の治療オプションを組み合わて効果的で非浸襲性の治療法を開発しました。

それは非外科的な脱毛症の治療法であり、BOSLEY®が独自に開発したミノキシジルを含むオリジナル製品群であるBosley Professional Strength(ボズレー® プロフェッショナル・ストレングス)製品と低出力レーザーを使用し、さらにPRP(多血小板血漿)療法を併用した最先端の治療法なのです。

これらの3種類の治療オプションを併用する事により患者は1種類の治療オプションのみを選択する場合よりも遥かに効果的な結果を期待する事が可能なのです。

脱毛防止における最新の非外科的なブレークスルーのひとつであるPRP療法は、患者自身の成長因子である多血小板血漿を用いて毛包を刺激するのです。

手術や時間の拘束をせずに既存の髪を肥厚させる可能性がある」とBosley Medical Groupのジェフリー・コール(Jeffrey Cole)氏は以下のように述べています。


「PRPは、髪を再成長させるのに役立つ可能性があるため、髪の復元における最も刺激的な進歩のひとつです」


PRPは、血小板に見られる体内の強力な増殖因子を利用して、自然な毛髪の成長を刺激します。

血小板由来増殖因子を患者の毛細化領域に送達する事により、健康な毛髪の成長および薄毛の再成長を促進することが出来るのです。

本質的に、"TriGen+™ with PRP" は、PRP治療と、特定の波長の光を使用して毛髪の成長を刺激する低強度の低レベルレーザー治療装置と、脱毛を抑制するミノキシジルを含むBosley® Professional Strength製品から構成されています。

Bosley Medical Group(ボズレー® メディカル・グループ)の医学ディレクター、エドウィン・サドルソン(Edwin Suddleson)博士は以下のように述べています。


「私は、脱毛症と戦うときには、1種類の治療法を選択するよりも複数の治療法を併用するべきである」と患者に常に提案しています。」

「これは、直面した問題に対処するために利用可能な治療法を組み合わせる事が重要なのです。」

「最も重要な事は、毛髪の減少ををコントロールし、再成長させるチャンスを最大限生かす事なのです。

「その為に重要な追加ツールとしてPRPを提供しているのです。」


「"TriGen+™ with PRP"、幅広い人々に利益をもたらします。」

「例えは患者様が脱毛症の初期に植毛手術をしていたとしてもアフターケアとして "TriGen+™ with PRP" は、非常に有効な治療法なのです。」


北米毛髪研究協会の元理事長であり、Bosley Medical Group(ボズレー® メディカル・グループ)のチーフメディカルディレクターであるボード認定皮膚科医のケン・ワシニック(Ken Washenik)博士は、以下のように述べています。


「脱毛症は患者様ごとに原因は違います。」

「患者様が個々に確実に最大の治療効果が得られるように評価や治療計画を作成されるべきなのです。



尚、詳細については、webサイトまたはクリニックの相談員に、ご確認ください。


それでは今回の発表をBOSLEY®(Bosley Medical Institute Inc.:ボズレー・メディカル・インスティチュート) についてです。

   
      BOSLEY®(Bosley Medical Institute Inc.:ボズレー・メディカル・インスティチュート)・ロゴ・マーク 


医療植毛で、その名を全米中に轟かせているBOSLEYは、創設者のL.リー・ボズレー(L.Lee Bosley)博士が1974年に米国カリフォルニア州ロサンゼルス市にある全米屈指の高級住宅街ビバリーヒルズにクリニックが開設したのが、その輝かしい歴史の始まりです。

ボズレー博士の卓越した理論とテクニックは、それまでの医療植毛の概念を瞬く間に打ち砕き、そしてその自然でソフトな仕上がりは植毛を芸術の域にまで昇華させたのです。

その後BOSLEYは拡大を続け現在では全米で数十箇所にクリニックを展開するまでに成長したのです。

           L.リー・ボズレー医学博士


そのBOSLEYが開発し2016年12月に満を持して投入したのが近未来型の毛髪再生医療 TriGen+™ with PRP なのです。


      BOSLEY TriGen+™ with PRP

BOSLEY®が開発したオリジナル製品群に加えHairMax(ヘアマックス)に代表される低出力レーザー器機そして近年美容医学領域で注目されているPRP(多血小板血漿)注入療法を併用する事により単独使用では得られない相乗効果を得る事が可能であるとしています。

『参考資料』
Bosley® Professional Strength(ボズレー® プロフェッショナル・ストレングス) 公式webサイト
http://www.bosleypro.com/home
BOSLEY・プロフェッショナル・ストレングス 公式webサイト

尚、薄毛・若ハゲ諸兄もご存知のようにBOSLEYは現在世界最大のかつらメーカーでアデランスの傘下にありアデランスの医療部門を担っているのです。

『参考資料』
アデランス 公式webサイト
http://www.aderans.jp/lp_portal/01/?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=G_DG_161216&trflg=1
アデランス 公式webサイト 2017年06月

2017年05月25日には株式会社アデランスより "TriGen+™ with PRP" に関するプレスリリースが発表されています。

『参考資料』
2017年05月25日 プレスリリース(PDFファイル)
『アデランスグループの米国ボズレー社 医療育毛プログラム「TriGen +™ with PRP」を提供 ~3つの最新育毛治療を組み合わせた、非外科的メソッド~』
http://pdf.irpocket.com/C8170/iQkZ/rHwu/azyL.pdf

株式会社アデランス プレスリリース 2017年05月25日『アデランスグループの米国ボズレー社 医療育毛プログラム「TriGen+™with PRP」を提供』PDF画像

総合毛髪関連企業・株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 津村 佳宏)のグループ企業で、米国最大の毛髪移植クリニックで抜け毛対策ソリューションも提供するボズレー社(本社:米国カリフォルニア州ロサンゼルス)は、最新医療育毛プログラム「TriGen+™ with PRP(トライジェン・プラス・ウィズ ・ピー・アール・ピー)」を開発し、2016年12月より全米にて提供を開始しました。

「TriGen+™ with PRP」は、非外科的な対処療法です。

①多血小板血漿注入(PRP)療法、②低出力レーザー療法、③ミノキシジルを含むボズレーのプロフェッショナル・ストレングス製品○Rを組合せています。

3 つの治療オプションを併用することで、患者は1治療オプションのみを使用する場合よりも効果的な結果を期待することができます。

特に PRP 療法は、抜け毛対策において最新の非外科的解決法のひとつで、現在もっとも注目を集めている対処法の一つです。

「TriGen+™ with PRP」を2016年12月に全米26クリニックで提供を開始以降、同サービスの売上は、前月比 30%増で増加しています。

アデランスは、世界 17 の国と地域に展開する総合毛髪関連のリーディンググループとして、より多くの方々に夢と感動を提供し、笑顔と心豊かな暮らしに貢献するために、「最高の商品」「最高の技術」「心からのおもてなし」を追求し提供してまいります。


■「TriGen+™ with PRP」で行う 3 つのプログラム


① 多血小板血漿注入(PRP)療法


体内の血小板に含まれる強力な成長因子を利用して、自然な育毛を促進します。

PRP 療法は、血小板由来の増殖因子を患者の頭皮の薄毛部分に注入することによって、健康な毛髪の成長および薄毛部分の毛髪を再成長させます。


② 低出力レーザー療法


特定の波長の光を使用した毛髪の成長を促進する FDA(米国食品医薬品局)認可の低出力レーザー治療機器です。

複数の機器(ヘルメット型のセラドーム、ヘアバンド型のレーザーバンド、くし型のレーザーコーム)の中から選択可能です。


③ プロフェッショナル・ストレングス製品


ボズレー®ブランドのシャンプー、コンディショナー、サプリメント等に FDA 承認の育毛剤であるロゲインを加えたオリジナル商品群となります。

頭皮及び毛髪に栄養を与え活性化させる成分を含んでおり、脱毛を予防し、発毛を促進します。


BOSLEY®と言えば植毛をイメージしますが、あの有名なケン・ワシニック(Ken Washenik)博士が、Bosley Medical のCEO(最高経営責任者)に就任してからは非外科的治療にも注力しており TriGen+™with PRP は、ホームケアを中心とする事で患者の身体的、時間的な拘束を軽減する事が可能なのです。

また世界中の毛髪再生医療に携わる医師が、そうであるように、ケン・ワシニック博士もミノキシジルを高く評価しているようです。

逆説的には、効果的な治療薬の成分が極端に限られるという事なんでしょうね。

"TriGen+™ with PRP" ・・・今後の展開が実に楽しみです(笑)






さぁ私を信じてついて来なさい!






【追記】

いよいよ、あの BOSLEY®も本格的に非浸襲性の脱毛症治療に進出ですね。

PRP療法と低出力レーザー機器とオリジナル製品の組み合わせは悪くないと思います。

尚、記事中の日本語カタカナ表記に関しては株式会社アデランスで使用している表記を採用しています。



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理する Hair Loss Cure では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。



『参考資料』
左側 Hair Loss Cure 管理人 神楽坂フジ丸のキャラクター画像
右側 神楽坂フジ丸 Twitter 英語版(縮小版)バナー画像

神楽坂フジ丸(Fuji Maru Kagurazaka)   
神楽坂フジ丸 Twitter 英語版(縮小版)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

BLOG RANKING Please click!

プロフィール

神楽坂フジ丸

管理人:神楽坂フジ丸
いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

神楽坂フジ丸の運営・管理する "Hair Loss Cure JAPAN" は、AGA(男性型脱毛症)&AA(円形脱毛症)など毛髪再生に関する国内外の基礎研究や応用研究、創薬及び近未来型の毛髪再生医療の最新研究開発動向そして毛髪関連の時事ニュースを科学的に検証し、世界に向けて発信するサイトです。


さぁ私を信じてついて来なさい!


開設日 2017年01月01日

カウンター

翻訳 (translation)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

openclose