記事一覧

RepliCel社 2017年の企業業績見通し最新アップデート!

いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

BLOG RANKING(ブログ・ランキング)・バナー

さて本日の投稿テーマは「RepliCel社  2017年の企業業績見通し最新アップデート!」と題して、近未来型の毛髪再生医療を研究開発しているカナダのRepliCel社が2017年の最新の企業業績見通しを発表したという話題です。


企業業績見通し・・・それは投資家たちの大きな指標なのです。


2017年05月25日 カナダnoRepliCel社より、ある重要なニュースニュースが発表され世界中でアンドロゲン性脱毛症で苦しんでいる薄毛・若ハゲ諸兄たちを狂喜乱舞させたのです。

『参考資料』
RepliCel社(RepliCel Life Sciences Inc. : レプリセル・ライフ・サイエンス・インク) 公式webサイト
http://replicel.com/
RepliCel社(RepliCel Life Sciences Inc.:レプリセル・ライフ・サイエンス・インク) 公式webサイト 2018年08月 002

それはカナダのRepliCel社の2017年後半の企業業績現見通しと展望を発表したという驚くべき内容だったのです。

『参考資料』
2017年05月25日 ニュースニュース(HTMLファイル)
『RepliCel CEO Provides Company Outlook』
http://replicel.com/replicel-ceo-provides-company-outlook/
RepliCel社 ニュースリリース 2017年05月25日『2017年の企業業績見通し最新アップデート!』
    
弊社は、美容とスポーツの傷害/整形外科における革新的な技術を用いて、巨大市場の進出の機会に取り組んでいる再生医療企業であり、投資家の皆様に謹んで今後の戦略を発表致します。

2017年の最初の数か月間、弊社は、3つの細胞治療プログラムすべてから取得されたデータに基づいて、重要な発表をおこないました。

さらに、弊社は、直近の商用資産である皮膚インジェクターRCI-02は重要な進展を続けています。

弊社の発見、前臨床試験、および最初のヒト臨床データの10年間を基盤として、2017年から2019年の戦略計画を策定しました。

戦略計画は、3つの異なる柱を通じて資産を成熟させる事に重点を置いています。


皮膚インジェクターの製品化

臨床効果を高め、製造を最適化し、弊社の知的財産ポートフォリオを強化するための研究開発を推進し、そして第II相臨床試験を準備しています。

この計画には、次の30か月間に予定されているいくつかの重要なマイルストーン(大きな節目)が含まれています。



- RepliCelの次世代皮膚インジェクターの商用プロトタイプ(最終試作品)を完成させ、テストを開始します。

- 欧州におけるマーケティング承認のためのRCI-02デバイスの準備(CEマークの取得)

- 非希薄化ライセンス/マイルストーン費用の支払いおよび継続的な販売ロイヤルティの支払いを含む、多国籍企業とのRCI-02のアプリケーションに焦点を当てた商業化契約を実行します。

- 当社の知的財産、製造技術、および臨床効果の向上に重大な価値を付加すると予想される分子マーカー研究を開始する予定です。

- RCH-01の第II相臨床試験の前駆物質として真皮鞘細胞の製造に関する進行中の研究を完了を予定しています。


そしてアキレス腱修復治療法である RCT-01の臨床試験フェーズ2(第II相試験) および皮膚再生療法RCS-01の臨床研究の臨床プログラムの準備を開始します。

各プログラムの詳細は、今後数週間で発表される予定です。

弊社の社長兼最高経営責任者であるリー・バックラー(R. Lee Buckler)CEOは以下のように述べています。



「弊社の成長の最初の10年は、最初のヒトに対する臨床試験において、前臨床研究、多様化、および概念実証データの達成を通じて、当初の発見を動かす事に焦点を合わせました。」

「今、私たちはデバイスの商業化、次期臨床試験、パートナーシップを通じて、弊社とその資産を成熟させる絶好の機会を提供されていると考えています。」

「弊社の皮膚インジェクター開発の短期的な商業的地位と討議の本質を考慮すれば、来年はこの資産の収益を生み出す商業化パートナーシップを確保すると確信しています。」

「さらに、私たちは現在、各細胞治療プログラムのための多数の初期段階のパートナーシップとコラボレーションの議論に取り組んでいます。」

「私たちはすでに次の段階の臨床試験の準備を計画していますが、これらの議論は、これらの研究の優先順位付けと資金調達方法に影響を与える可能性があります。」

「株主様へは、今後数週間にわたって一連の発表が予定されており、これらのプログラムのそれぞれについてより明確になるはずです。」



それでは、今回の発表をした RepliCel社(RepliCel Life Sciences Inc.:レプリセル・ライフ・サイエンス・インク) についてです。

       
         RepliCel社・ロゴ・マーク


RepliCel社の起源は古く1967年に設立されたニューキャッスル社が、その前身とされています。

2011年に、現在の社名と事業内容に変更しており、カナダ ブリテッシュ コロンビア州バンクバー(British Columbia、Vancouver , CA)に本拠を置く、母国カナダでも期待のバイオテクノロジー企業、それが RepliCel社 なのです。


そして今回の発表についてです。

RepliCel社は、2011年に、現在の社名と事業内容に変更していますが、その前身となる企業時代から再生医療の基礎研究を継続しており、2017年の今年、いよいよ製品化の道筋が見えてきたと思います。

現在、同社は以下の開発コードで4件の研究開発が、進行しています。


RCT-01 – アキレス腱修復(Tendon Repair)

RCS-01 – 皮膚再生(Skin Rejuvenation)

RCH-01 – 毛髪再生(Hair Regeneration)

RCI-02 – 皮膚インジェクター(Dermal Injector)


特に皮膚インケクター RCI-02は米国をはじめ美容医療の市場では大きな需要が見込める製品なのです。
RepliCel社インジェクターRCI-02
近未来型の毛髪再生医療 RCH-01 は世界で先駆けて日本の巨大化粧品会社である資生堂が、アジア全域のおけるライセンスを取得しており、すでにアジア圏における主導権は資生堂にあります。

いずれ資生堂から何らかのアナウンスがあるでしょう。

資生堂&RepliCel社・・・世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちは吉報を待っているのです。






さぁ私を信じてついて来なさい!





【追記】

RepliCel社の関連記事は、当サイトでも繰り返し読まれるほど非常に人気があります。

この話題に関しては洋の東西問わず注目しているようです。

今後も新しい情報が入り次第随時お知らせする所存です。



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理する Hair Loss Cure では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。


『参考資料』
左側 Hair Loss Cure 管理人 神楽坂フジ丸のキャラクター画像
右側 神楽坂フジ丸 Twitter 英語版(縮小版)バナー画像

神楽坂フジ丸   神楽坂フジ丸 Twitter 英語版(縮小版)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

BLOG RANKING Please click!

プロフィール

神楽坂フジ丸

管理人:神楽坂フジ丸
いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

神楽坂フジ丸の運営・管理する "Hair Loss Cure JAPAN" は、AGA(男性型脱毛症)&AA(円形脱毛症)など毛髪再生に関する国内外の基礎研究や応用研究、創薬及び近未来型の毛髪再生医療の最新研究開発動向そして毛髪関連の時事ニュースを科学的に検証し、世界に向けて発信するサイトです。


さぁ私を信じてついて来なさい!


開設日 2017年01月01日

カウンター

翻訳 (translation)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

openclose