記事一覧

新アロペシア治療法の継承者 栗山源慎先生 新たなる展開!

『皮膚科領域の新規化合物を、お探しの医薬品開発部門のご担当者様に朗報です!』・バナー

いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

BLOG RANKING(ブログ・ランキング)・バナー

さて本日の投稿テーマは「新アロペシア治療法の継承者 医学博士・栗山源慎先生 新たなる展開!」と題して、孤高の天才ドクター、医学博士・故 高橋日出彦(Dr.Hidehiko Takahashi:1920-2001)先生が考案した脱毛症独自治療プログラム 新アロペシア治療法(Shin Alopecia therapy)の唯一の継承者である医学博士・栗山源慎(Dr.Genshin Kuriyama)先生が永年勤務した医療法人社団 土合会 セントラルクリニックの退職理由と今後の展開についての話題です。


医学博士・栗山源慎(Dr.Genshin Kuriyama)先生・・・今後の展開が実に気になります。


2018年09月21日の記事で、栗山源慎(Dr.Genshin Kuriyama)先生が、永年勤務した医療法人社団 土合会 セントラルクリニックの退職されると聞いて、さぞ驚かれた患者さんも多いと思われます。

『参考資料』
2018年09月21日 06時00分
『【重要】新アロペシア治療法の継承者 栗山源慎先生 セントラルクリニック退職のお知らせ』
http://hairlosscure100.blog.fc2.com/blog-entry-162.html

『参考資料』
医療法人社団 土合会 セントラルクリニック(CENTRAL CLINIC) 公式webサイト
http://www.centralclinic.jp/
医療法人社団 土合会 セントラルクリニック(CENTRAL CLINIC) 公式webサイト 2018年09月

それでは、もう一度ここでセントラルクリニック(CENTRAL CLINIC)の確認です。

セントラルクリニック(CENTRAL CLINIC)の経営母体は茨城県神栖市にある医療法人社団 土合会 渡辺病院(Watanabe Hospital)です。

『参考資料』
医療法人社団 土合会 渡辺病院(Watanabe Hospital) 公式webサイト
http://watanabe-hospital.net/
医療法人社団 土合会 渡辺病院 公式webサイト 2018年09月

その医療法人社団 土合会 渡辺病院(Watanabe Hospital)が、2000年06月に茨城県神栖市の鹿島セントラルホテル(Kashima Central HOTEL) 新館3階に開設したのが、鹿島セントラルクリニック(Kashima CENTRAL CLINIC) なのです

                                 医療法人社団 土合会 セントラルクリニック(CENTRAL CLINIC)・ロゴ・マーク

その後、鹿島を皮切りに、2002年12月には、東京・北品川、そしてし汐留シティセンター(東京都港区)に立て続けにクリニックを開設したのです。

『参考資料』
品川シーサイドセントラルクリニック(SHINAGAWA SEASIDE CENTRAL CLINIC) 公式webサイト
http://www.centralclinic.jp/clinic/shinagawa.php
医療法人社団 土合会 品川シーサイドセントラルクリニック 公式webサイト 2018年09月

栗山先生は永らく第一・第三土曜日、第三金曜日は鹿島、第二・第四土曜日は品川のローテーションで診察されていたのです。

しかし、このローテーションが大きく崩れる出来事があったのです。

2017年12月29日をもって鹿島セントラルクリニック(Kashima CENTRAL CLINIC)が閉院していまったのです。

その結果、現在は毎土曜日に、品川シーサイドセントラルクリニック(SHINAGAWA SEASIDE CENTRAL CLINIC) での診察になったのです。

『参考資料』
医療法人社団 土合会 品川シーサイドセントラルクリニック 2019年10月 診療カレンダー(JPEGファイル)
医療法人社団 土合会 品川シーサイドセントラルクリニック 診療カレンダー 2018年10月

品川に通院していた患者さんにとっては利便性が向上しますが、問題は鹿島で栗山先生に診察を受けていた患者さんです。

実は、栗山先生もそれを気にかけていたのです。

孤高の天才ドクター、医学博士・故 高橋日出彦(Dr.Hidehiko Takahashi:1920-2001)先生が開設した伝説の医療機関であるクリニック ビタボナ(CLINIC VITABONA)が閉院になって、かれこれ16年以上が経過しました。


                                           クリニック ビタボナ(CLINIC VITABONA)・ロゴ・マーク


以前から栗山先生も仕事の比重を研究者として重きおきたいと考えられていたのです。

また鹿島の患者さんの問題もあります。

そこで栗山先生は2018年11月をもって退職する事とし、新たに、ご自身のクリニックを開設する事を決意したのです。

新クリニック開設・・・勤務医だから出来る事、開業医だから出来る事、どうも色々あるようです。






さぁ私を信じてついて来なさい!






【追記】

栗山先生のセントラルクリニック(CENTRAL CLINIC)の退職理由については概ね、ご理解頂いけたと思います。

正直なところ初めて聞いた時は私も驚きました。

何よりもクリニック経営となると医師、研究者以外に新たに経営者としての顔も持たなければなりません。

勤務医であれば、その負担は少なく臨床現場に専念出来ますが、元々、師匠である孤高の天才ドクター、医学博士・故 高橋日出彦(Dr.Hidehiko Takahashi:1920-2001)先生同様に研究者の道を歩まれたいとの御希望でしたので患者の私としても反対は出来ない状況なのです。

栗山先生も開業医の傍ら、基礎研究の継続、そして論文執筆などに強い意欲をお持ちです。

一抹の不安はありますが、診察室以外に研究設備を設置出来るスペースがある施設で地道に研究活動に専念して頂けたらと思う次第です。

次回は、新クリニックの具体的な構想について、お話していきたいと思います。



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理する "Hair Loss Cure JAPAN"では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。


『参考資料』
左側 "Hair Loss Cure JAPAN" 管理人 神楽坂フジ丸のキャラクター画像
右側 神楽坂フジ丸 Twitter 英語版(縮小版)バナー画像
神楽坂フジ丸(Fuji Maru Kagurazaka)             神楽坂フジ丸 'Hair Loss Cure JAPAN' Twitter 英語版(縮小版)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

BLOG RANKING Please click!

プロフィール

神楽坂フジ丸

管理人:神楽坂フジ丸
いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

神楽坂フジ丸の運営・管理する "Hair Loss Cure JAPAN" は、AGA(男性型脱毛症)&AA(円形脱毛症)など毛髪再生に関する国内外の基礎研究や応用研究、創薬及び近未来型の毛髪再生医療の最新研究開発動向そして毛髪関連の時事ニュースを科学的に検証し、世界に向けて発信するサイトです。


さぁ私を信じてついて来なさい!


開設日 2017年01月01日

カウンター

翻訳 (translation)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

openclose