記事一覧

【重要】新アロペシア治療法の継承者 栗山源慎先生 セントラルクリニック退職のお知らせ

『皮膚科領域の新規化合物を、お探しの医薬品開発部門のご担当者様に朗報です!』・バナー

いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

BLOG RANKING(ブログ・ランキング)・バナー

さて本日の投稿テーマは「【重要】新アロペシア治療法の継承者 栗山源慎先生 セントラルクリニック退職のお知らせ」と題して、孤高の天才ドクター、医学博士・故 高橋日出彦(Dr.Hidehiko Takahashi:1920-2001)先生が考案した脱毛症独自治療プログラム 新アロペシア治療法(Shin Alopecia therapy)の唯一の継承者である医学博士・栗山源慎(Dr.Genshin Kuriyama)先生が永年勤務した医療法人社団 土合会 セントラルクリニックを退職されるという話題です。


脱毛症独自治療プログラム 新アロペシア治療法(Shin Alopecia therapy)・・・それは私自身が1999年から実践している治療法なのです。


今から数ヶ月前に、いつものように、品川シーサイドセントラルクリニック(SHINAGAWA SEASIDE CENTRAL CLINIC)で、診察を受けたときに、担当医である栗山源慎先生から、ある重要な事実を告げられたのです。

『参考資料』
医療法人社団 土合会 セントラルクリニック(CENTRAL CLINIC) 公式webサイト
http://www.centralclinic.jp/
医療法人社団 土合会 セントラルクリニック(CENTRAL CLINIC) 公式webサイト 2018年09月

それは栗山源慎(Dr.Genshin Kuriyama)先生が、永年勤務したセントラルクリニック(CENTRAL CLINIC)を近い時期に、退職されるという驚くべき内容だったのです。

話を聴いた時には一瞬我が耳を疑いましたし、青天の霹靂とは、まさにこの事でした。


それでは最初に、医療法人社団 土合会 セントラルクリニック(CENTRAL CLINIC) についてです。

          医療法人社団 土合会 セントラルクリニック(CENTRAL CLINIC)・ロゴ・マーク 

セントラルクリニック(CENTRAL CLINIC)の経営母体は茨城県神栖市にある医療法人社団 土合会 渡辺病院(Watanabe Hospital)なのです。

『参考資料』
医療法人社団 土合会 渡辺病院(Watanabe Hospital) 公式webサイト
http://watanabe-hospital.net/
医療法人社団 土合会 渡辺病院 公式webサイト 2018年09月

医療法人社団 土合会 渡辺病院(Watanabe Hospital)は、1973年に、茨城県神栖市に渡辺胃腸科病院として設立され現在では、内科、胃腸内科、リハビリテーション科を主な診療科目とし入院ベッド数96床、また関連施設として介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、ケアハウスなどを経営する地域に根ざした医療機関なのです。

                          医療法人社団 土合会 渡辺病院(Watanabe Hospital)・ロゴ・マーク 

その医療法人社団 土合会 渡辺病院(Watanabe Hospital)が、2000年06月に茨城県神栖市の鹿島セントラルホテル(Kashima Central HOTEL) 新館3階に開設したのが、鹿島セントラルクリニック(Kashima CENTRAL CLINIC) なのです。

『参考資料』
鹿島セントラルホテル(Kashima Central HOTEL) 公式webサイト
http://www.ekch.jp/
鹿島セントラルホテル(Kashima Central HOTEL) 公式webサイト 2018年09月

予防医学と最先端医療をテーマに、セントラルクリニックは、その後、東京に進出、2002年12月に東京・北品川の再開発地域に開設したのが、品川シーサイドセントラルクリニック(SHINAGAWA SEASIDE CENTRAL CLINIC)なのです。

『参考資料』
品川シーサイドセントラルクリニック(SHINAGAWA SEASIDE CENTRAL CLINIC) 公式webサイト
http://www.centralclinic.jp/clinic/shinagawa.php
医療法人社団 土合会 品川シーサイドセントラルクリニック 公式webサイト 2018年09月

医学博士・故 高橋日出彦(Dr.Hidehiko Takahashi:1920-2001)先生が開設した伝説の医療機関クリニック ビタボナ(CLINIC VITABONA)が閉院になって、かれこれ16年以上が経過しました。


              クリニック ビタボナ(CLINIC VITABONA)・ロゴ・マーク 


もし栗山先生が、セントラルクリニックで新アロペシア治療法の継承を決意されなかったら私の頭皮も無毛の砂漠地帯となっていたでしょう。

つまり患者にとってセントラルクリニックの存在は地獄に仏だったのです。

多くの患者さんの頭皮も路頭に迷う事が回避されたのです。

新アロペシア治療法の唯一の継承者である医学博士・栗山源慎(Dr.Genshin Kuriyama)先生の今後の動きが実に気になるところです。

脱毛症独自治療プログラム 新アロペシア治療法(Shin Alopecia therapy)・・・それは師匠から弟子のみに密かに受け継がれる一子相伝の治療法であり、処方されるお薬は門外不出のスーパー治療薬なのです。






さぁ私を信じてついて来なさい!






【追記】

突然の栗山先生のセントラルクリニックの退職記事で驚かれた患者は多いと思います。

クリニック ビタボナ(CLINIC VITABONA)以来の患者にとっては、まさに悪夢再来といったところでしょう。

しかし今回に関しては、心配する事はありません。

栗山先生も以前から新たな展開を模索しており、私は良い方向に進むと考えています。

退職までは、まだ間もありますので品川に通院可能な患者さんは是非これを機会に栗山先生の診察を受けてください。

現在、栗山先生は、毎週土曜日に品川シーサイドセントラルクリニックで診察しています。

『参考資料』
医療法人社団 土合会 品川シーサイドセントラルクリニック 2019年09月 診療カレンダー(JPEGファイル)
医療法人社団 土合会 品川シーサイドセントラルクリニック 診療カレンダー 2018年09月

今後はドクターの退職理由や治療薬の供給体制、そして新たなる展開について順次お伝えしたいと思います。



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理する "Hair Loss Cure JAPAN"では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。


『参考資料』
左側 "Hair Loss Cure JAPAN" 管理人 神楽坂フジ丸のキャラクター画像
右側 神楽坂フジ丸 Twitter 英語版(縮小版)バナー画像
神楽坂フジ丸(Fuji Maru Kagurazaka)            神楽坂フジ丸 'Hair Loss Cure JAPAN' Twitter 英語版(縮小版)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

BLOG RANKING Please click!

プロフィール

神楽坂フジ丸

管理人:神楽坂フジ丸
いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

神楽坂フジ丸の運営・管理する "Hair Loss Cure JAPAN" は、AGA(男性型脱毛症)&AA(円形脱毛症)など毛髪再生に関する国内外の基礎研究や応用研究、創薬及び近未来型の毛髪再生医療の最新研究開発動向そして毛髪関連の時事ニュースを科学的に検証し、世界に向けて発信するサイトです。


さぁ私を信じてついて来なさい!


開設日 2017年01月01日

カウンター

翻訳 (translation)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

openclose