記事一覧

HairClone社 ニュースレター ナンバー4 2018年09月

いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

BLOG RANKING(ブログ・ランキング)・バナー

さて本日の投稿テーマは「HairClone社 ニュースレター ナンバー4 2018年09月」と題して、近未来型の毛髪再生医療 HAIRCLONE®で有名な英国に本拠を置く HairClone社 が最新のニュースレターを配信したという話題です。


近未来型の毛髪再生医療 HAIRCLONE®・・・それは世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちが待ち望む治療法なのです。


2018年09月 英国に本拠を置くバイオテクノロジーであるHairClone社よりある重要なニュースレターが配信されEU圏のみならす世界中でAGA(男性型脱毛症)で苦しんでいる薄毛・若ハゲ諸兄たちを狂喜乱舞させたのです。

『参考資料』
HairClone社(HairClone Limited,:ヘア・クローン・リミテッド) 公式webサイト
http://hairclone.me/
HairClone社(HairClone Limited,:ヘア・クローン・リミテッド) 公式webサイト 2018年08月

それは英国に本拠を置くバイオテクノロジーであるHairClone社より現在の同社の事業内容と研究開発の進捗状況を伝える驚くべき内容だったのです。

『参考資料』
HairClone社 ニュースレター ナンバー4 2018年09月(JPEGファイル)
HairClone社 ニュースレター ナンバー4 2018年09月

日頃から弊社の事業に深い関心を、お寄せいただきありがとうございます。

2018年02月に続き、弊社の事業内容の進捗状況をお伝えするニュースレターをお届け致します。



ビジネス

私たちは、事業実現の為の資金調達方法としてCapital Cell社(Capital Cell Ltd:キャピタル・セル・リミテッド) のクラウドファンディング・プラットフォームを選択しました。

Capital Cell社は欧州で初の生命科学に完全に特化したクラウドファンディング・プラットフォームなのです。

すでに、Capital Cell社による弊社に対する審査も完了しており、非常に肯定的な審査結果を得る事が出来ました。

このシステムを利用した資金調達キャンペーンは、秋には開始する予定です。


私たちのプロジェクトの研究チームに、新しいメンバーとして、スーザン・リンブ(Susan Limbu)が加わりました。

スーザンは、バーミンガム大学の生化学の修士課程の卒業生で弊社の科学諮問委員会のメンバーであるクレア・ヒギンズ博士の研究室で研修後、バーミンガムラボに在籍している若く有能な科学者候補なのです。


そして私たちは、弊社の科学諮問委員会のメンバーとしてジェフ・ターナー(Dr. Jeff Teumer)博士を迎える事が出来、とても嬉しく思っています。

ジェフ・ターナー(Dr. Jeff Teumer)博士は、かつてIntercytex社(インター・サイテックス)で、ポール・ケンプ博士と共に働き、あのARI(Aderans Research Institute:アデランス・リサーチ・インスティテュート)の科学諮問委員会のメンバーなどの豊富な経験を有しています。


ポール・ケンプ(Paul Kemp PhD)博士は、英国で開催された毛髪修復の学術会議である BAHRS CONFERENCE 2018 に招待され毛髪クローニングの未来について講演し、この時のプレゼンテーション資料は弊社webサイトのニュースリリースにあります。

弊社のCEOであるポール・ケンプ(Paul Kemp PhD)博士と臨床パートナーであるベサム・ファージョ(Dr. Bessam Farjo)博士は、2018年6月14日〜16日の3日間にわたり英国ロンドンのクイーン・エリザベス2世会議場で開催された学術会議であるFACE 2018(Facial Aesthetic Conference and Exhibition 2018)に講演者として登壇しました。


弊社は、独自に、コスメテックス関連の仕事を受注しており、関連のwenサイトを2018年10月末に開設を予定しています。

どうぞ楽しみにしていて下さい。



そして私たちは脱毛症関連のチャリティーイベントのスポンサーとして協賛しています。

このチャリティーは、一般公開され、脱毛症に対する意識を高める事が目的のイベントなのです。

このイベントでは脱毛症治療に関する最新の情報が提供され、皮膚科医、美容と心理学の第一人者たちが参加するのです。

弊社の科学諮問委員会のメンバーである クレア・ヒギンズ博士も招待講演者のひとりであり、 弊社のHAIRCLONE®に関する質疑応答も可能なのです。


科学

私たちは毛包バンキングサービスの早期の開始を目指して、所轄官庁とライセンス獲得に向けた協議を重ねる努力を続けています。

私たちは、毛包細胞を凍結保存し、将来的に患者様の必要に応じて提供するサービスを構築しています。

現在、3人の患者様より研究のために、それぞれ25個の濾胞ユニットを無償で提供して頂いています。

よりよいサービスを実現するために、より理解と完全に再現可能なシステムを開発し続けています。



弊社のプロジェクトである HAIRCLONE® は毛包細胞の増殖(Hair follicle cloning)からスタートしています。

現在、私たち研究チームは細胞培養のための培地の研究しており、どの培地が細胞の増殖を促進するかを決定しています。

プロトコルが決定すると、この細胞培養サービスは、最初に英国国内の臨床パートナーである医療機関で、治療可能な症例に対し治療が開始される予定です。

新たに研究チームに、参加した若き研究員であるスーザン・リンブ(Susan Limbu)は現在、ロンドンで脱毛と非脱毛包細胞のトランスクリプトーム(細胞解析)の作業に従事しています。

それはクローン化された細胞の特性を知る上で重要な作業なのです。

スーザン・リンブ研究員は、毛包の解剖のスペシャリストであり、研究チームの誰よりも早く、約2分で卵胞を分析する事が出来るのです!


最後までニュースレターを、お読みいただき、ありがとうございました。

私たちは近い将来に、このHAIRCLONE® が臨床現場で実施される事を心より願っています。

それは、HairClone社の科学者、臨床パートナー、そして患者様との完全なコラボレーティブプロセスなのです。

私たちが、最もよく受ける一般的な質問は、治療の開始時期と費用についてです。

残念ながら、現段階で、私たちはこれらの質問のいずれかに明確な回答は出来ません。

しかし私たちは早期に、HAIRCLONE®が実現するように全力で取り組んでいます。

私たちの最新情報は、定期的に配信される ニュースレターを、ご購読頂くか、ツイッター(
@HairClone) または フェイスブック(#HairClone)をチェックして頂けたらと思います。


それでは、HairClone社(HairClone Limited,)についてです。


           HairClone社・ロゴ・マーク


2015年10月30日 英国 イングランド・マンチェスターに設立された非上場のバイオテクノロジー企業・・・それがHairClone社なのです。

未だ明確な治療法が存在しない脱毛症に対し、毛髪クローニング(Hair follicle cloning)という革新的な技術で果敢に挑むバイオテクノロジー企業なのです。

現在のCEO(経営最高責任者)であるポール・ケンプ(Paul Kemp PhD)博士は、再生医療業界での永い経験と実績を兼ね備え、ヘアクローニング技術の完成を待ちわびる世界中の薄毛・若ハゲ諸兄から注目される企業であり研究者なのです。


ニュースレターの冒頭では、資金調達の為に生命科学に特化したCapital Cell社(Capital Cell Ltd:キャピタル・セル・リミテッド) のクラウドファンディング・プラットフォームを選択したと説明がありました。

『参考資料』
Capital Cell社(Capital Cell Ltd:キャピタル・セル・リミテッド) 公式webサイト
https://capitalcell.co.uk/
Capital Cell社(Capital Cell Ltd:キャピタル・セル・リミテッド) 公式webサイト 2018年09月

日本人にはあまり馴染みがありませんが、クラウドファンディング(Crowdfunding)は、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などする事が出来る新しいシステムなのです。

それは、まさにインターネットの産物と言っても決して過言ではありません。

特に、Capital Cell社は生命科学に特化した異色のプラットフォームを開発したのです。

一般的に、生命科学、再生医療系の非上場のバイオテクノロジー企業の情報は少なく、専門家でない限り投資の機会はありません。

この秋には実施予定との事なので実施の際は、当サイトでもお知らせしたいと思います。


そしてHairClone社のCEOであるポール・ケンプ博士と臨床パートナーであるベサム・ファージョ(Dr. Bessam Farjo)博士は、2018年6月14日〜16日の3日間にわたり英国ロンドンのクイーン・エリザベス2世会議場で開催された学術会議であるFACE 2018(Facial Aesthetic Conference and Exhibition 2018)に講演者として登壇したのです。

『参考資料』
FACE 2018(Facial Aesthetic Conference and Exhibition 2018) 公式バナー(JPEGファイル)
FACE 2018(Facial Aesthetic Conference and Exhibition 2018)・バナー

FACE 2018 は英国屈指の美容医学、美容医療の祭典であり、各種の講演や展示会が催され世界中の製薬、化粧品会社の関係者、バイヤーが終結する一大イベントなのです。


そして、2018年09月30日に、英国 ロンドンで開催される脱毛症関連のチャリティーイベントにも触れています。

『参考資料』
2018年09月30日 チャリティー・キャンペーン・イベント
THE Get Ahead of Hair Loss(GAoHL) 公式webサイト
https://www.getaheadofhairloss.com/
チャリティー・キャンペーン・イベント『THE Get Ahead of Hair Loss(GAoHL)』2018年09月30日 チャリティー・キャンペーン・イベント 公式webサイト

このイベントは、脱毛症やヘアケアに関する理解と知識の向上を目指し開催され、脱毛症治療に携わる医師や専門家たちも多数参加するのです。

HairClone社は、スポンサーとし協賛しており、科学諮問委員会のメンバーである ベサム・ファージョ(Dr. Bessam Farjo)博士、クレア・ヒギンズ博士も講演予定との事で実に楽しみなイベントになると思います、


それでは最後に、英国で開催された毛髪修復の学術会議である BAHRS CONFERENCE 2018 に、ポール・ケンプ博士が、招待され毛髪クローニングの未来について講演した内容が雑誌 美容医学(Aesthetic Medicine・エステティック・メディシン)の2018年04月号に掲載されていますので、ご紹介しましょう。

『参考資料』
2018年04月(PDFファイル)
『Rise of the clone』
http://hairclone.me/app/uploads/2018/04/26-AM-SUPAPR18.pdf
HairClone社 Aesthetic Medicine (エスティック・メディシン)『Rise of the clone』2018年04月 PDF画像

Capital Cell社(Capital Cell Ltd:キャピタル・セル・リミテッド) のクラウドファンディング・プラットフォーム・・・この資金調達を何としても克服しなければなりません。






さぁ私を信じてついて来なさい!






【重要特記事項】

記事中で使用されているHairClone社(HairClone Limited,:ヘア・クローン・リミテッド)のwebサイトのキャプチャー画像や、その他の画像の使用については、同社のCEO(経営最高責任者)であるポール・ケンプ(Paul Kemp PhD)博士より許諾を得ています。



【追記】

今年2回目のHairClone社からのニュースレターの配信となりました。

前回は、2018年2月に配信されましたが、諸般の事情で、当サイトでお伝えする事が出来ませんでした。

詳細については、世界的脱毛症ブログである "Follicle Thought"(フォリクル・ソート・毛包の思想)が、記事としてカバーしていますので、そちらも併せて読んで頂けたらと思います。


          Follicle Thought(フォリクル・ソート)・ロゴ・マーク


『参考資料』
2018年02月10日
『HairClone September 2018 Newsletter』
http://www.folliclethought.com/hairclone-september-2018-newsletter/


尚、2018年08月05日に、お伝えした記事の中で、一度公開されたPVが削除されてしまいましたが、ポール・ケンプ(Paul Kemp PhD)博士より直接連絡を頂いた際に、当方よりお願いして再度アップして頂きました。

『参考資料』
2018年08月05日 06時00分
『近未来型の毛髪再生医療 HAIRCLONE® プロモーションビデオを初公開!』
http://hairlosscure100.blog.fc2.com/blog-entry-145.html



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理する "Hair Loss Cure JAPAN"では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。


『参考資料』
左側 "Hair Loss Cure JAPAN" 管理人 神楽坂フジ丸のキャラクター画像
右側 神楽坂フジ丸 Twitter 英語版(縮小版)バナー画像
神楽坂フジ丸(Fuji Maru Kagurazaka)   神楽坂フジ丸 'Hair Loss Cure JAPAN' Twitter 英語版(縮小版)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

BLOG RANKING Please click!

プロフィール

神楽坂フジ丸

管理人:神楽坂フジ丸
いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

神楽坂フジ丸の運営・管理する "Hair Loss Cure JAPAN" は、AGA(男性型脱毛症)&AA(円形脱毛症)など毛髪再生に関する国内外の基礎研究や応用研究、創薬及び近未来型の毛髪再生医療の最新研究開発動向そして毛髪関連の時事ニュースを科学的に検証し、世界に向けて発信するサイトです。


さぁ私を信じてついて来なさい!


開設日 2017年01月01日

カウンター

翻訳 (translation)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

openclose