記事一覧

脱毛症治療薬 コラーゲン結合タンパク質 開発:コードBMD-1141 BiologicsMD社

いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

BLOG RANKING(ブログ・ランキング)・バナー

さて本日の投稿テーマは「脱毛症治療薬 コラーゲン結合タンパク質 開発:コードBMD-1141 BiologicsMD社」と題して、米国の研究開発型の創薬ベンチャー企業であるBiologicsMD社(BiologicsMD,Inc.:バイオロジクス・ エム・ディ)が、現在開発している脱毛症治療薬の新規リード化合物 開発コード:BMD-1141についての話題です。


毛周期・・・それはまさに創造と破壊、休息と活動そして誕生と死など魂の輪廻転生が頭皮下において起こっている現象なのです。


今回ご紹介するのが米国アーカンソー州フェイエットヴィルに本拠を置く研究開発型の創薬ベンチャー企業であるBiologicsMD社(BiologicsMD,Inc.:バイオロジクス・エム・ディ・インク)なのです。

『参考資料』
BiologicsMD社(BiologicsMD,Inc.:バイオロジクス・ エム・ディ・インク) 公式webサイト
http://www.biologicsmd.com/
BiologicsMD社(BiologicsMD,Inc.:バイオロジックス・ エム・ディ・インク) 公式webサイト 2017年02月

BiologicsMD™ は高度に標的化されたスマートな治療法を開発することに重点を置いた研究開発型の創薬企業であり、難治性の脱毛疾患や重度の骨障害の治療目的の為に研究を進めています。

弊社では疾患の時点で標的受容体に直接的に強力な刺激効果をもたらす一連の組換え融合タンパク質を開発しており、単回投与または非常にまれな投与計画で持続的な治療を実施する為に非経口投与、局所投与、および局所投与に対応できる製剤および送達媒体の開発に取り組んでいます。



当サイトに訪れる薄毛・若ハゲ諸兄の皆様は、毛周期(ヘアサイクル)について勉強された事はありますか?

特に薄毛・若ハゲでお悩みなら頭髪の毛周期を理解する事は、とても重要な事なのです。

一般的に日本人の頭髪は約10万本と言われています。

毛髪の寿命には男女差があり男性なら3~5年、女性が4~6年というのが定説なのです。

そして、この頭髪や体毛の成長には一定の周期が存在し、それを毛周期(ヘアサイクル)と呼ぶのです。

ヒトの場合、胎児期に毛包原基(Hair follicle base)が発生します。

毛包は、いわば毛髪の生産工場であり成長期(Anagen)→退行期(Catagen)→休止期(Telogenn)→休止期の副相である毛髪の脱落段階を脱落期(Exogen)と表現し、これらの周期を生涯にわたり繰り返すのです。

頭髪全体の毛周期の分布割合は成長期80〜90%、退行期1〜2%、休止期10〜14%とも言われいるのです。

この毛周期の分布割合ですがヒトの頭皮は、モザイク説と言って必ずしも隣接の毛包と周期は同じではありません。

つまり毛包それぞれが独立した周期を持っているのです。

ヒトの毛髪と動物の体毛とでは構造が異なり動物の体毛は内部に空気が詰まっており保温性を維持できますがヒトの毛髪や体毛には保温効果は、ほとんどありません。

また動物の体毛は生涯に渡り伸び続ける種と季節により生え換わる換毛と呼ばれる現象を有する種も存在するのです。

ヒトの場合、秋口に抜け毛の増大を訴えるケースが多いようですが、おそらく真夏の強烈な紫外線の影響であると思われます。

以下のアニメーション動画は、この毛周期について非常に解りやすく解説していますので是非ご視聴下さい。

Hair Cycle and Nanogen Hair Growth Factors (4分39秒)日本語字幕変換可


現在、近未来の毛髪再生医療や創薬の多くが乱れた毛周期を改善する事をコンセプトとしており人為的に毛包を新生させる事は出来ません。


それでは今回ご紹介する BiologicsMD社(BiologicsMD,Inc.:バイオロジクス・ エム・ディ・インク)についてです。

     BiologicsMD社(BiologicsMD,Inc.:バイオロジックス・ エム・ディ・インク)・ロゴ・マーク 


2010年01月 米国アーカンソー州フェイエットヴィルに、研究開発型の創薬ベンチャー企業、BiologicsMD,LLC.(バイオロジクス・エル・エル・シー)として設立され同年の2010年12月にBiologicsMD,Inc.(バイオロジクス・ エム・ディ・インク) に組織変更されています。

会社設立以来一貫して脱毛症疾患および骨障害の治療のための治療法の開発に焦点を当てています。

同社は、PTH / PTHrP受容体を標的とするタンパク質治療薬および薬物/デバイスの組み合わせた製品のポートフォリオを開発し、そのパイプラインには脱毛症を対象とした開発コード:BMD-1141、自己骨移植の代わりに脊髄融合処置に使用するための骨移植片代替物である開発コード:BMD-1231があるのです。


BiologicsMD社が現在開発している新規化合物 BMD-1141 は、AGA(男性型脱毛症)やAA(円形脱毛症)のみならず、がん治療の際に受ける抗がん剤や放射線治療の副作用として発生する脱毛に対し治療効果の高い製剤を開発しているのです。

BMD-1141 は、コラーゲン結合ドメインに結合した副甲状腺ホルモンの活性ドメインの融合物としており副甲状腺ホルモンの活性ドメインが毛包を刺激し毛髪の成長を回復させるとしています。

BiologicsMD社 BMD-1141 イラスト

2013年07月にデイヴィッド・オーウェンス(J.David Owens)氏が、CEO(社長兼最高経営責任者)に就任してからは米国や日本で新規組成物である『コラーゲン結合ドメインおよび副甲状腺ホルモンの融合タンパク質』及び『コラーゲン結合タンパク質』の特許を精力的に取得しており研究開発も一段と加速しているようです。

BiologicsMD社 日本国特許証 第5520811号

オーウェンスCEOは30年近く製薬会社やバイオテクノロジー企業のビジネスに携わっており、その手腕は高く評価されているのです。

創薬で最も重要な資金調達でも、その手腕を発揮してもらいたいものです。

近い将来に同社から素晴らしい発表があるかもしれません。

コラーゲン結合タンパク質 新規化合物 BMD-1141・・・登場する日が実に楽しみです。






さぁ私を信じてついて来なさい!






【追記】

海外の投資家向けのwebサイトでは、BiologicsMD社をバーチャル・カンパニーと表現しているサイトも存在しており実質的な人員は経営陣の4名のみで関連会社が研究開発しているとの情報もあります。

日本で取得した特許証を確認すると細菌学の権威である北里大学の松下治先生のお名前もあり驚きました。

同社はアーカンソー大学や北里大学と強い協力関係にあるようです。



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理する Hair Loss Cure では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。


『参考資料』
左側 Hair Loss Cure 管理人 神楽坂フジ丸のキャラクター画像
右側 神楽坂フジ丸 Twitter 英語版(縮小版)バナー画像
神楽坂フジ丸(Fuji Maru Kagurazaka)    神楽坂フジ丸 Twitter 英語版(縮小版)
関連記事

コメント

No title

Loving the info on this web site, you have done outstanding job on the content.

No title

excellent issues altogether, you simply received a new reader.
What could you suggest about your put up that you simply made a few days
ago? Any positive?

No title

I all the time used to study piece of writing in news papers but now as
I am a user of internet so from now I am using net for posts, thanks to web.

コメントの投稿

非公開コメント

BLOG RANKING Please click!

プロフィール

神楽坂フジ丸

管理人:神楽坂フジ丸
いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

神楽坂フジ丸の運営・管理する "Hair Loss Cure JAPAN" は、AGA(男性型脱毛症)&AA(円形脱毛症)など毛髪再生に関する国内外の基礎研究や応用研究、創薬及び近未来型の毛髪再生医療の最新研究開発動向そして毛髪関連の時事ニュースを科学的に検証し、世界に向けて発信するサイトです。


さぁ私を信じてついて来なさい!


開設日 2017年01月01日

カウンター

翻訳 (translation)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

openclose