記事一覧

"HLC2020" の注目記事『このブログのトラフィックデータからの興味深い推論』

いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

BLOG RANKING(ブログ・ランキング)・バナー

さて本日の投稿テーマは「"HLC2020" の注目記事『このブログのトラフィックデータからの興味深い推論』」と題して、脱毛症関連では世界的なブログである"HLC2020" がトラフィック解析ツールであるグーグル・アナリティクス(Google Analytics)を利用して、"HLC2020" に訪問する読者層の分析を発表したという話題です。


グーグル・アナリティクス(Google Analytics)・・・それはwebサイトやブログの運営者にとって必須のツールなのです。


2013年08月29日 インターネット上に、あるひとつのブログが誕生しました。

その名は、"HLC2020"(The End of Hair Loss and Balding by 2020 : ザ・エンド・オブ・ヘアロス・ボーディング・バイ・2020) ・・・後に、このブログが脱毛症関連の世界的な存在に成長する事となるのです。


  The End of Hair Loss and Balding by 2020(ザ・エンド・オブ・ヘアロス・アンド・ボーデイング・バイ・2020)ブルー・バージョン 2018年06月・ロゴ・マーク


『参考資料』
"HLC2020"(The End of Hair Loss and Balding by 2020 : ザ・エンド・オブ・ヘアロス・ボーディング・バイ・2020)
https://www.hairlosscure2020.com/

2013年08月29日 第1回 記事『INTRODUCTION』
『HAIR LOSS CURE 2020』
https://www.hairlosscure2020.com/intro/

2018年06月02日 世界的脱毛症ブログである"HLC2020"が、ある驚くべき調査結果を記事として掲載したのです。

それは、同ブログに訪問する読者層を、webサイトやブログの運営者の必須のツールであるグーグル・アナリティクス(Google Analytics)のトラフィックデータを利用した独自の分析結果は発表したのです。

『参考資料』
2018年06月02日 記事(HTMLファイル)
『SOME INTERESTING INFERENCES FROM THIS BLOG’S TRAFFIC DATA』
https://www.hairlosscure2020.com/some-interesting-inferences-from-this-blogs-traffic-data/
HLC2020 記事 2018年06月02日『このBLOGのトラフィックデータからの興味深い推論』

この脱毛症ブログを執筆して5年近くが経過しました。

このブログでは当初から、優れたトラフィック解析ツールであるグーグル・アナリティクス(Google Analytics)のトラフィックデータを活用してきました。

この記事では、2018年5月の1か月間に、このブログの訪問者に関する興味深い統計情報と脱毛との関係について、解説したいと思います。

私は、このブログに訪問する読者の総数に関しては非公開にしています。

この数字は毎月大幅に変動し続けており、広告主や読者の詳細データを保存して、そのデータにアクセスする事で読者の傾向を把握するなどに使用したいと考えています。

一部の訪問者は、検索エンジンなどで偶然に、このブログを発見しますが、そのような訪問者は読者として定着する事はありません。

グーグル・アナリティクス(Google Analytics)のトラフィックデータと言えども必ずしも正確な数字ではありません。

この現象はインターネット上のすべてのwebサイトやブログに当てはまります。

しかし、完全に正確ではありませんが、それなりの信頼性は確保されてもいるのです。

それが、今回の記事の焦点になるのです。



訪問者上位15か国

2018年5月の訪問者の上位15か国は、次のによう結果になりました。


第01位 米国 = 35.96%

第02位 イギリス = 11.15%

第03位 カナダ = 6.89%

第04位 オーストラリア= 4.07%

第05位 インド = 3.86%

第06位 ドイツ = 3.41%

第07位 フランス = 2.34%

第08位 スペイン = 2.21%

第09位 オランダ = 2.20%

第10位 スウェーデン = 1.74%

第11位 ギリシャ = 1.61%

第12位 イタリア = 1.36%

第13位 ブラジル = 1.23%

第14位 スイス = 1.05%

第15位 アイルランド = 1.00%


上記のランキング上位4か国は、すべて英語を母国語としていると考えると、特に驚くべき事ではありません。

ランキング第05位のインドでは多くの言語が使用されていますが、英語は政府と商業で使用される公式に承認された2つの言語のうちの1つです。



推論1:アジアにおける脱毛症の割合

驚くべきことは、インドは世界第2位の人口(世界の人口の17.4%)を占めていますが、このブログでは訪問者の3.86%にすぎません。

先進国と比較して高い貧困率、低いインターネット利用率、そして大幅に低速のWi-Fi速度を考慮したとしても、非常に低いと考えます。

私の推測では、人口に対して低い訪問者率の理由はインドでは脱毛症の割合が西側諸国よりも大幅に低いためです。

そのような理由の為に他の国々と比較してインドからの訪問者が、少ないと考えます。

またインドでは西側諸国とは違いGoogleの検索で"HLC2020" が上位にヒットしない可能性も否定出来ません。

また、このブログの読者やさまざまな脱毛フォーラムの投稿者の多くが、中国や日本では脱毛症の発現の割合が、米国などと比較すると大幅に低いようだとコメントしています。

アジア諸国を訪れる西洋人の多くが最初に気付く事のひとつが、脱毛症が母国よりも遥かに一般的でないと思う事です。

私は脱毛症がアジア圏であまり一般的でないことを示唆する研究発表を読んだ事があります。

しかし、 これは今日の時代において変化しているかもしれません。


過去の世代よりも多くの男性が自分の毛髪を早く失っていると思う理由について、私は、このブログで記事を掲載しているので必ず読んでください。


このブログの中国からの訪問者のシェアはわずか0.71%で、日本のシェアは0.65%です。

この2か国が、それぞれ世界で第1位と第11位の人口を有している事実にも関わらす、この結果です。

この異常な現象の理由は、どちらの国でも英語は母国語ではない為と考えます。

もし私が中国語版の "HLC2020" を制作すれば中国の代表的な検索エンジンである百度(Baidu:バイドゥ)でも上位にヒットし、中国人も"HLC2020" を高く評価してくれるでしょう。



推論2:ギリシャとスウェーデンにおける脱毛症が高率で発現している事実

このブログに訪問した上位15か国の中で、ギリシャとスウェーデンは、最も驚くような大きな衝撃を与えました。

この2か国の人口は世界のわずか0.13%と0.14%に過ぎませんが、それぞれの国が他国の訪問者の12倍以上の突出したシェアを占めています。

どちらの国でも英語が母国語でない事実を考慮すると、これは驚くべき事実です。

非英語圏のオランダやスイスでは、決して多くはありませんが平均的に訪問者は存在します。

もちろん、これらすべての国のほとんどの人が英語を理解しており、一般市民のかなりの人々が可能な限りGoogle翻訳を使用せず英語に接しているのです。

過去の数か月の同じ国の統計を見て、上記の国からの訪問者数の割合が、ほぼ同じである事を発見しました。

この訪問者の推移は、ギリシャやスウェーデンに関するニュースを取り上げて、一時的に訪問者が増加したという理由では説明がつきません。

私は、このブログを開始して以来、毎月、西ヨーロッパ諸国の英語を母国語としない小規模な国家からの訪問者数も同じような傾向がある事を確認してきました。

これに関連して、ギリシャはDHIグローバル毛髪移植メガチェーンの主要な運営国の一つです。

この植毛クリニックは、ギリシャ系米国人によって創設され、毎年ギリシャで、トレーニングクリニックを開催しています。

スウェーデンには、Follicum社があり過去に何度も記事として取り上げた企業です。


訪問者の性別

グーグル・アナリティクス(Google Analytics)によると、このブログの2018年5月の訪問者の54.15%は男性でした。

残りの45.85%は女性でした。

この比率は、数年前に最初に確認してから安定しています。

しかし、私はグーグルが、どのようにして男女の割合を判定するかについては非常に懐疑的です。

国別のトラフィックについては、IPアドレスを追跡して各訪問者がどの国から来ているかを把握するのは簡単です。

しかし性別は判断する事は、それほど単純簡単ではありません。

Googleはおそらく訪問者の性別を追跡するために、各人の他のサイトへの訪問履歴、個人的な写真や検索履歴。動画の視聴履歴。ソーシャルメディアのプロフィール、 Gmailのメールデータを元に判別していると推測しています。

あなたが知らないうちに、あなたのすべての情報はGoogleにより、アクセスされ収集されているのです。

あなたが、それを避けようしてもグーグルは、あらゆる手段を使って情報にアクセスしようとするでしょう。


推論3:Googleは女性の訪問者数を大幅に過大評価している

私は数々のデータから、この結論に達しました。

女性は男性よりはるかに低い確率で脱毛します。

このブログへの女性からコメントは全体の5%未満です。

私の記事の多くは、デュタステリド(Dutasteride)や男性有名著名人の植毛など男性向けの話題が、多く女性の脱毛症とはあまり関連性がありません。

インターネット上で最大かつ最も人気のある脱毛症フォーラムは男性の投稿によって支配されていますが、そこにはいくつかの小さな女性専用の脱毛症フォーラムがある程度です。

それらに女性が占める割合は非常に小さいものなのです。

したがって、私はグーグル・アナリティクス(Google Analytics)の性別に関する調査結果に関しては非常に懐疑的です。

今後、私のブログで性別の調査を実施すれば真実が見えてくるかもしれません。

私の推測では、このブログの女性読者は全体の30%程度と考えますが、私が間違っている可能性があります。


訪問者の年齢層

予想していた通り、このブログの読者の大半は、若い人たちによって占められています。

実際、読者の大半は私より若者なのです。


18-24歳 = 27.5%

25-34歳 = 33.5%

35-44歳 = 15.5%

45-54歳 = 12.5%

55-64歳 = 5.5%

65歳以上 = 5.5%



グーグル・アナリティクス(Google Analytics)が信頼できるデータを提供しているとしたら私は読者が一体、このブログを読むにあたり、どの程度時間を費やしているかを調査する事になります。

しかし、私は上記のデータは、Google が多くの推測よって導いたものだと考えています。

さらに、この今後、統計的な詳細を調べるつもりはありません。

私は、このブログを訪問する65歳以上の高齢者層は、自らの頭髪よりも若い男性たちの頭髪を心配していると仮定しています。


推論4:高齢者男性の頭髪への願望


西ヨーロッパ諸国、オーストラリア、カナダでは、高齢者人口の割合が類似しているため、全世界で、この数字を推測することができます(読者のほとんどが上記の先進国の人々で構成されています)

したがって、先進国の人口の15%が65歳以上である一方で、このブログの読者層の5.5%はその年齢層から来ています。

すなわち、高齢者の約35%が脱毛を気にしている事になるのです。

この年齢層の70%の人々のが毛髪のすべて、または大部分を消失していると仮定すると(研究や統計が示すように)これは脱毛症で悩む人々の半分の割合を示す事になるのです。

しかし、これは、にわかに信じる事はできません。

私が知る限り大部分の高齢者男性は、頭髪を消失していても、それについてあまり心配してはいないように見受けられます。

豊富な人生経験により外見に、こだわる事が少なく、あえて薄毛の仲間を見つける事にに関心がなく、一般的に運命として受け入れているのが高齢者男性の特徴なのです。

だからといって、Google はこのカテゴリで正確な統計を提供する必要があります。

例えGoogle の統計に若干の誤差があったとしても、これらの数字から、かなりの年配の男性が、頭髪を維持したり失われた頭髪を取り戻したいと願っている事は明らかです。

私は過去に頻繁に高齢の有名人、著名人の話題を取り上げています。

それは俳優のジョン・トラボルタ(64歳)やドナルド・トランプ大統領(71歳)、ベルルスコーニ首相(81歳)などです。

それは実に皮肉な事実なのです。



ソーシャルメディアとの関係性

ソーシャルメディア経由による訪問は、訪問者全体のわずか3%にしか過ぎません。

このソーシャルメディアの訪問者の約85%は、ツイッター(Twitter)とレディット(Reddit)からです。

その次が、ユーチューブ(Youtube)とフェイスブック(Facebook)になります。

私は、このブログのフェイスブック(Facebook)を作成した事はありません。

なぜなら、私はその新しいプラットフォームに時間を費やす事を望んでいないからです。

でも将来、私は心変わりするかもしれません。



推論5:ソーシャルメディア上の自分のキャラクターアイコンを使用して投稿したり、情報を共有しようとする読者は皆無である

だからと言って私はあなたを責める事はありません。

なぜなら私自身も個人的に、インターネット上で発見した興味深い情報をソーシャルネットワークで第三者と共有したりしないし、自分のキャラクターアイコンも使用しません。

これらはブログの通信速度に負担をかけ、さらに重要なスペースを占拠するだけなのです。


グーグル・アナリティクス(Google Analytics)は、グーグルが提供しているトラフィック解析ツールであり、webサイトの運営者やブロガーにとって必須のツールです。

このツールを使用し訪問する人々の傾向を把握する事により、さらなるPV(ページビュー)の増加やビジネスの成約に結びつけるのです。

もっともそれを実現するには解析データを元に製作者自らが試行錯誤する事が重要なのです。

今回の記事は私もブロガーのひとりとして実に興味深い記事であったと思います。

2018年05月の訪問者の国別アクセスランキング、トップ15か国の上位4か国については英語圏である為に予想される結果となりました。

第05位のインドは、唯一アジア圏からランキングされていますが、その人口を考慮すると管理人は、まだまだ少ないと考えているようです。


また管理人は、アジア圏の脱毛症患者の少なさにも言及しています。

しかし日本でも決して薄毛で悩むひとが少ない訳ではありません。

日本人自体も近年、薄毛率が増加していると考えるのです。

特に食生活の欧米化は、脱毛症患者の増加に拍車を駆けていると考えられます。

他国の事情についてはわかりませんが、日本の場合は最大の原因は、少子高齢化です。

若年層が極端に少なく、高齢者ばかりが増加する現象は、一見すると薄毛率が増加したように見えるのです。

日本人も含めてアジア人の抜け毛の増大の開始時期は西洋人と比較して、10年は遅いと思います。


日本と中国の訪問者数にも触れています。

英語を母国語としない両国の数字は、かなり正確な数字であると推定します。

特に日本はwebサイトやブログの数が多く、あえて英語のブログを閲覧する理由はありません。

英語を理解出来るひとはいても読み書きも含めて日本語同様に操れるひとは、ごく少数であろうと考えます。

元々、海外の書物などを日本語に翻訳して出版する独自の翻訳文化もあり、英語のブログに接する為に、わざわざ Google翻訳を使用するのも億劫なのかもしれません。


中国に関しても言及していますが日本とは事情が違うようです。

中国は社会主義国家であり、一般の人々は、世界的な検索エンジンである Google にアクセスする事も出来ません。

そして私のブログである"Hair Loss Cure JAPAN"にもアクセスする事は出来ません。

言論や情報は、国家によって厳しく統制されているのです。

グレート・ファイアウォール(Great Firewall:GFW)と呼ばれる独自のネットワークシステムを使い自由主義陣営が通常アクセス出来るソーシャル・メディア・ネットワークへの接続も遮断されているのです。

インターネットの普及率とは無関係に国内の言論統制は年々厳しさを増しており、それに相反して頭皮からは無秩序に頭髪が抜けていくと言う地獄絵図が中国では、展開されているのです。

そして国家は14億の民の頭皮が危機に晒されているという認識すらもないのです。

おそらく "HLC2020" の中国語版を制作してもサーバーが国外にある限り接続は不可能でしょう。

中国からのトラフィックが、人口に対して極端に少ない理由は言語よりも社会主義国故の言論統制や通信の遮断が最大の理由なのです。


そして管理人は、ギリシャとスウェーデンにおける脱毛症が高率で発現している事実にも言及しています。

その人口比に対して高いトラフィックは、ギリシャ人とスウェーデン人における脱毛症が高率で発現している事実を物語っているのです。

迫りくる抜け毛の恐怖に両国の若者は怯えているに違いありません。

一般的に西洋人は日本人と比較して体格も大きく性的にも早熟な傾向にあります。

性的な早熟は毛包が性ホルモンに晒される時期を早め、頭皮の危険度を格段に上昇させるのです。

しかし、それでもこの2か国からの高いトラフィックについては現時点では説明がつきません。

昔ながらの食生活などの何らかの理由があるかもしれません。


 "HLC2020" を訪問する読者の性別と年齢層です。

管理人は最終的に、"HLC2020" の女性訪問者数を全体の30%程度と見積もっていますが、私は、5%~10%程度が妥当だと考えます。

日本では、ダイエットやメイクのブログには女性読者が殺到しますが脱毛症ブログへの訪問は、ごくわずかと考えます。

女性の脱毛症患者は、日常の生活習慣や食生活の改善で解決したいという傾向があり、化学物質への拒否反応が男性より遥かに強いのです。

また男性のAGA(Androgenetic Alopecia)では相手を否定し攻撃的になる傾向がありますが、女性は、一般的に相手と悩みを共有したいと考えるものなのです。

女性は脱毛症フォーラムにおいても男性に邪魔されず静かに悩みを相談したいものなのです。

しかし今後、女性の男性ホルモン型の脱毛症は増加する傾向であると考えられ女性読者が、さらに増える可能性は十分あると思います。


読者の年齢層については18~34歳でトラフィック全体の60%を超えており、これは妥当な数字であると考えます。

特に、この世代は結婚適齢期にあたり、脱毛症は辛いものです。

現代社会において適切な生殖時期に異性を引き付けるフェロモン(性臭)は、立派な鬣(たてがみ)や色鮮やかな色彩の羽を大きく広げる事ではないはずです。

女性も人生の大切な伴侶を外見だけで決める事はできませんが、それでも外見は、それなりに重要なのです。

生理現象とはいえ若者にとって脱毛症は、頭皮に架せられた重き十字架なのです。


65歳以上の高齢訪問者の割合についてです。

日本では法的に、65歳~74歳を前期高齢者、75歳以上を後期高齢者として区別しています。

健康保険制度にも違いがあります。

60歳代前半は高齢者であるとの認識は薄く、まだまだ現役世代なのです。

中国人の友人が言うには日本人は一般的な中国人より10歳程度若く見えると言います。

中国では50歳を超えると初老の域に達するようです。

もしあなたが、高齢になっても若く美しい女性と交際してみたいと考えたなら頭髪の存在は極めて重要なのです。

65歳以上の高齢訪問者の割合の5.5%が、その事実を如実に物語っているのです。

そして自らの若き日を思い出し若者の頭皮を静かに見守って頂きたいものです。


最後に、ソーシャルメディアにおける人々に意識についてです。

海外には、プロフィールサイトのようなものが存在し一度名前やアイコンを登録すると各ソーシャルメディアにアクセス出来るのです。

また有名フォーラムでも自分のキャラクターアイコンが設定出来る仕組みになっています。

しかし、これを使用するひとはあまりいないようです。

また情報を第三者と共有しようとする意識も希薄なようです。

情報を欲しがるばかりで自分では出そうとしない姿勢は決して褒められるものではないのです。


普段とは雰囲気が随分違いますが全体を通じて素晴らしい記事だと思いました。

ブロガーにとって訪問者の動向を知る事は記事制作に反映される重要な事なのです。

"HLC2020" は、英語で執筆されているだけあって世界中の読者を獲得しています。

今後も悩める世界中の薄毛・若ハゲ諸兄たちに有益な情報を提供してくれるでしょう。

"HLC2020" ・・・これからも脱毛症ブログにおける絶対王者の座は揺るがないでしょう。






さぁ私を信じてついて来なさい!






【追記】

2009年に世界最大のかつらメーカーであるアデランスが世界21の国と地域の主要都市の街頭で実際に調査員が目視で道行く人々の薄毛の割合を調べた有名な調査報告があります。

その結果、世界の薄毛分布は、西高東低という結果になったのです。

今回の "HLC2020" のトラフィックデータとは若干の違いはありますが、概ね先進国諸国で脱毛症の発現率が高いという事がわかる内容になっています。

上位の国に共通しているのは高脂肪、高タンパクの肉料理の食事が多いとの事です。

アルコールの摂取量とも関連性はあるでしょう。


第01位 チェコ(プラハ) 42.79%

第02位 スペイン(マドリッド) 42.60%

第03位 ドイツ(フランクフルト) 41.24%

第04位 フランス(パリ) 39.10%

第05位 アメリカ(ニューヨーク・ロサンゼルス・シカゴ) 39.04%

第06位 イタリア(ミラノ) 39.01%

第07位 ポーランド(ワルシャワ) 38.84%

第08位 オランダ(アムステルダム) 37.93%

第09位 カナダ(モントリオール) 37.42%

第10位 英国(ロンドン) 36.03%

第11位 ロシア(モスクワ) 33.29%

第12位 オーストラリア(シドニー) 30.39%

第13位 メキシコ(メキシコシティ) 28.28%

第14位 日本(東京) 26.05%

第15位 中国(香港) 24.68%

第16位 シンガポール(シンガポール) 24.06%

第17位 タイ(バンコク) 23.53%

第18位 マレーシア(クアラルンプール) 22.76%

第19位 台湾(台北) 22.59%

第20位 韓国(ソウル) 22.37%

第21位 中国(上海) 19.04%


世界脱毛症分布地図 2009年

先進国は、高齢化が進んでいるのも大きな原因でしょう。



【医薬品に関するサイトポリシー】

神楽坂フジ丸の運営・管理する Hair Loss Cure では医療用医薬品は必ず医療機関を受診し医師の診断、処方のもと正規品を使用される事を強く推奨します。

また一般用医薬品も薬剤師が常駐している薬局、ドラッグストアで対面販売で購入される事を強く推奨します。

日本国内未承認のお薬や発展途上国で生産される同一の主成分を主張するコピー製品をオンライン通販で購入し自己責任といえども医師の管理下以外で使用する行為を強く否定します。

当サイトでは不正な行為を助長する為に、アフェリエイトプログラムやグーグルアドセンスなどの利益誘導型のプログラムは採用していません。


『参考資料』
左側 Hair Loss Cure 管理人 神楽坂フジ丸のキャラクター画像
右側 神楽坂フジ丸 Twitter 英語版(縮小版)バナー画像
神楽坂フジ丸   神楽坂フジ丸 'Hair Loss Cure JAPAN' Twitter 英語版(縮小版)
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

BLOG RANKING Please click!

プロフィール

神楽坂フジ丸

管理人:神楽坂フジ丸
いつもお世話になっています。神楽坂フジ丸@管理人です。

神楽坂フジ丸の運営・管理する "Hair Loss Cure JAPAN" は、AGA(男性型脱毛症)&AA(円形脱毛症)など毛髪再生に関する国内外の基礎研究や応用研究、創薬及び近未来型の毛髪再生医療の最新研究開発動向そして毛髪関連の時事ニュースを科学的に検証し、世界に向けて発信するサイトです。


さぁ私を信じてついて来なさい!


開設日 2017年01月01日

カウンター

翻訳 (translation)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

カテゴリ

openclose